* 京都郊外 ちょっと田舎 工場跡 ランチはカレー すばらしいオーディオ 生音楽ももちろん 楽しいお話 読書もできる ヨガでらくらく ヒーリングでぽかぽか



お知らせ


2016年5月25日夜8時頃、トラックが店に突っ込み、大破したため当分の間休業させていただきます。
幸いにも無人の時間帯であったため、怪我人等ありませんでした。
事故すぐ、近隣の皆さまからの報告、そして
とくに高雄木材の社長・浅岡様、大工さん、高雄の消防団方々などにたいへんご尽力いただき、
速攻で、壊れた個所の封鎖など応急処置を施していただきました。
おかげさまで、たしかに大事ではありながらも気持ちは豊かに温かくことのなりゆきを迎えることができています。
地域の方々に支えられていることを本当にありがたく思います。

また今後の処置などについてはお騒がせすることになると存じますが、
なにとぞよろしくお願い申し上げます。とりいそぎ
UME house 末野真利

高雄木材社長・浅岡様、大工さん、ありがとうございました。


5月25日の事故その後についての経過報告
(順次、掲載します)
事故者の加入保険は「共栄火災」
中間業者(査定)の「株式会社保安企画」が保障詳細について請負


5月27日 保安企画 田口晋太郎氏 視察 「もう一度上司と来る」とのこと
6月1日 保安企画 所長・久保田素弘氏、調査部(1級建築士鑑定人)・大西洋克氏 視察 全損査定となる


6月5日 ピアノのメンテナンスについて見積もり(B-tech japanさん)を提出(久保田氏宛て)
6月6日 ピアノについての詳細を問われる→即日返答
6月9日 ピアノについての返信あり、承認される
6月9日 ピアノを搬出
6月12日 店の改装費などの損害資料を提出
(届いたかどうかすら)返信なし
返信なし
返信なし
返信なし
返信なし
返信なし
返信なし
返信なし
返信なし
返信なし
返信なし
返信なし
返信なし
返信なし
返信なし
6月27日 久保田氏に「保障金額はいつ頃提示していただけるのか」と電話したところ「7月中旬には」とのこと
6月28日 ようやく、ガラス片や瓦礫を掃除し、お借りしていたオーディオを搬出頂く(遊音工房さん)
スピーカーボックスに衝撃での外傷があった。内部は無事。


7月4日 スピーカーのダメージ箇所の写真を久保田氏に提出 返信あり
7月5日 傷補修の見積もり(遊音工房さん)を久保田氏に提出(pdf)
7月6日 お客様に壊れた店を見学していただく会を催す たくさんお越し頂き嬉しかったです。
7月6日 見積書が開けないとの返信あり
7月7日 jpgファイルにて再送信 確認できたとの返信あり
連絡なし
連絡なし
連絡なし
連絡なし
連絡なし
連絡なし
連絡なし
連絡なし
連絡なし
連絡なし
連絡なし
連絡なし
連絡なし
連絡なし
連絡なし
連絡なし
連絡なし
連絡なし
連絡なし
連絡なし
連絡なし
連絡なし
連絡なし
連絡なし

8月2日 「いったいいつになったら連絡をいただけるのか」と久保田氏にメール送信。
返信なし

8月4日 00:33 久保田氏にメール
久保田様へ 「事故後の成行について、HP上で公開させて頂くことにしました。
保安企画、久保田さんのお名前も載せています。
6月27日の私からの電話でお話しましたとおり(録音してあります)、店の2階部分は
少しずつ沈んできており、かなり歪んできました。今後、窓ガラス破損などし、
歩道に落下しましたら新たな人身事故が発生します。
大事なことになりましても、保安企画さんの処理が不履行故のこととして
主張させていただきますのでご承知おきください。」末野

8月4日 14:56 久保田氏より電話連絡あり。
「連絡が遅くなってすまない。提出書類のなかに厨房費用が含まれていないようだが?」とのこと。返答する。
(←書類を提出したのは6月12日)
連絡なし
連絡なし
連絡なし
連絡なし
連絡なし
連絡なし
8月11日 私から久保田氏に電話。「いつ頃、回答を頂けるのか?」の問いに「来週末には」とのこと。
「ピアノはどうなっていますか」との質問を受ける。8月最終週には修理されて戻ってくると返事。
8月19日 建物の査定額について連絡あり(pdf ファイル添付→  建物査定見積
末野様   お世話になります。
ご報告が遅くなりまして、申し訳ございません。
建物に関する弊社の査定書をお送り致します。
1枚目が改装前の建物の価値と改装後の建物の価値を足した金額になりまして、
賠償額と考えている金額になります。(6,036,444円)
内訳につきましては、2枚目と3枚目にそれぞれ資料を添付しております。
ご確認いただきまして、ご意見、ご回答等をいただければと思います。宜しくお願い致します。
------------------------------------------
株式会社保安企画 京都営業所
久保田 素弘
〒612-0029 京都市伏見区深草西浦町名神第一ビル3A
TEL : 075-647-3400 FAX : 075-647-3401
URL   http://www.eks-hoan.co.jp/
e-mail :  m-kubota@eks-hoan.co.jp
-------------------------------------------

8月20日 私より
久保田様 ご連絡頂き、ありがとうございます。
建物に関する査定書、拝見しました。
いくつか質問などあります。
●建物の数量のところ、こちらの登記では80.8平米になります。
そちらの測量は簡単なメジャーで測っておられたと記憶しております。
正しい数値にてお願いしたいです。
●また、当方建物は「鉄工所」として建築はされておりません。
父が営んでおりました会社は精密機械の設計と組み立てです。
この点の相違によって何か査定に関して違いがあるでしょうか。

久保田氏より (2016/08/21 10:01)
お世話になります。
返信ありがとうございます。
平米数に関しましては、修正させていただきます。申し訳ありません。
鉄工所の件は、住居か否かという事になりますので、大きな変更はございません。
改めてご連絡させていただきます。宜しくお願い致します。

私より 22日
よろしくお願いいたします。
また、順次、早々にその他の保障費用もお知らせいただきたいです。
全体としてどれくらいになるのかわからないままでは設計もできず
今後の見通しを考えることが全くできません。
被害を受けてから3カ月になろうとしています。末野

私より 24日
ピアノの修繕が終わり、明日、搬入されることになりました。
もちろん、店には戻せませんのでとりあえず実家に引き取ります。
請求書の宛先は共栄火災さんでよいのかご回答ください。
宜しくお願いいたします。
明日で事故から3カ月です。
ピアノ以外は何も対処されていません。私は早く日常を取り戻したいです。

連絡なし
連絡なし
連絡なし
連絡なし
連絡なし

久保田氏より (2016/08/30 14:52)
末野様
ピアノの請求書の宛名の件ですが、末野様の宛名でお願いします。
支払いは保険会社様になりますが、共栄火災様が依頼したものでは
ありませんので、宛名は末野様でお願いしますとの事です。
請求書は届き次第、送付をお願い致します。
建物につきまして、数量を修正させていただいた明細書をお送り致します。
ご確認の程、宜しくお願い致します。建物査定見積(修正 部分を追加)

私より 久保田氏に電話 
30 日夜 
 今後のことについてまったく返答がないため尋ねる。
休業補償、壊れた美術品、解体費、保管倉庫費など。
「もう伝えたと思っていた」との返事
?!!!!?
壊れた美術品などの価格を根拠とともに提出せよとのこと。

私より 9月5日
久保田様
今後のことについて
KMさん、に委任することにしました。
連絡があると思いますので宜しくお願いいたします。末野

私より 久保田氏に電話 9月13日 
21日午後にKM氏も同席し初会合をもつことに。

9月21日
事故後初の会合、久保田氏、私、KM氏。
建物の損害以外に請求したい破損物品(美術品)の金額や
休業補償についての金額、新築までの物品倉庫代、運搬代、ピアノの移動費、
などなどについて書類を提出。これからのちはKM氏が交渉にあたることを伝える。
2週間後くらいには再度の会合があるはず。

10月初旬
KM氏の助言により私が依頼した再建工事の見積もりを2か所で作成
KM氏に届けてもらう

11月16日
KM氏から連絡がないので確認
あろうことか10月にバイク事故に遭い身体が動かない
もうしばらく待ってほしいとのこと

11月27日
KM氏に確認
まだ身体がじゅうぶんでないとのことで
私が自分で行うことにする

11月28日
久保田氏に電話。とにかく早急に解決したい旨伝える。
また、事故から6カ月も経ったのに1円も補償されておらない現状のため
借払い金を要求したいと保険会社に伝えてもらう

12月14日
久保田氏に電話。
保険会社には、年末までに建物損害分を入金してもらうよう伝えてあるとのこと。

12月19日
久保田氏に電話
保険会社からはまだ決定の連絡はないとのこと

12月27日
私よりメール
「保険会社に私が行ってみたいのですがそれをすると久保田さんにとってご不都合でしょうか?」

12月28日
久保田氏より電話
私が保険会社に行くのはややこしくなるからやめてほしい。
保険会社と話した結果
年末までに入金の件は無理。500万円以上は本社の決済が必要なのでという理由
来年1月10日までにピアノ修理代金と目先の生活費の入金をする、とのこと

1月10日
入金がないので久保田氏に電話。保険会社に確認してもらう。

1月11日
150万円が振り込まれ
ようやくピアノの修理代金を支払った。83万7000円。

1月25日
久保田氏に電話。
今後の目途はどうなっているのか尋ねる。
保険会社の検討待ちとのこと。

1月27日
共栄火災の担当者宛てに手紙を送る旨を久保田氏に通知。
担当者の名前をはじめて知らせてこられた。手紙を投函。

1月31日
共栄火災海上保険梶@京都損害サービス課 北野弘樹氏から電話。
保険会社としては、実損部分の明細リストアップを保安企画が提出するのを待っている。
保安企画は「来週末には」提出すると言っているとのこと。

2月10日
北野氏から電話。
実損部分の明細リストアップが出来たので速達で発送した、私の考えを知らせてほしい。
また、工期日程の見積もり、及び、店の開店日がわかるものを提出してほしいとのこと。
保安企画が提出したリストと返信用封筒が同封されていた。

2月13日
私から手紙を発送。
建物解体についての費用を再考頂きたいこと、
美術品の査定についてまったく納得できないこと、
ピアノの移動費用、再修理費用についても主張したい旨。

2月14日
北野氏より電話。手紙を受け取ったこと。
保険会社として弁護士とも相談して返答するとのこと。

2月18日
私から書類を発送。
工務店による工期日程書と保健所からの許可書類提出。

3月15日
北野氏から電話。
建物解体費用について再計算ができた。
美術品については精いっぱいの金額を出した。
ピアノの再修理については却下。
支社内で会議にかけるので来週末にはその報告ができるかもしれないとのこと。

3月24日
北野氏から電話。
書類はすべて東京本社に提出した。本社でりん議にかけ4月7日には返答する。

4月7日
北野氏から電話。
本社で再検討し、休業補償についての日額を訂正したほかは
京都支社の提出金額通りで決定となった。正式な書類を送付するとのこと。

4月11日
保険会社が査定した最終の金額が書類で届く。
建物損害補償、解体費、事故時清掃費、エアコン脱着、什器保管倉庫代、
什器移動費、ピアノ修繕・運搬・調律費用、スピーカー外傷修理費、
美術品、人形、CD、休業補償のすべてを合算して1063万2909円。
法律事務を訪ね、
決着は弁護士さんに委任。

5月16日
弁護士さんより連絡。保険会社との交渉は決裂。
裁判は行わず、保険会社の提示金額で示談することに。

5月19日
北野氏より電話。示談書類を作成し、送るとのこと。

5月23日
書類が届く。

5月24日
捺印して返送。

5月26日
北野氏より電話。来週金曜までには送金するとのこと。

6月1日
入金あり。決着となりました。
査定は全損でしたが、再建(新築)にはとうてい足りず
友人の建築士など助言を得て修繕する方向で進めます。

7
月14日
鉄骨修理完了。躯体がまっすぐになり、2階の沈みも元に戻ってようやく安心です。
architect ∀ tatsumi コーディネイト、 インテリア末永さんの施工。ありがとうございました。
 
 
10月4日
すべての工事、作業が完了。
堀川勝史さんとそのチームの皆さん、ありがとうございました。
完成写真は載せません(笑)。
どうぞ実際にお越し下さってご覧くださいませ!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
以下は、在りし日の店内とご案内

                          
2Fのくつろぎ室。
ぼんやりしたり、読書したり。よい音のするオーディオもありました。
ヨガ教室にも使っていただいておりました。yogagreen 高畑陽子さん講師。近くの会場に移転されて、教室は続けておられます。



1Fは気軽な食堂。
音楽会も催していました。

過去の演奏会記録は こちら(UME houseマークのところ)→ 記録


 
夜カフェのあったころ。

 UME house
梅ハウス
 〒616-8263 京都市右京区梅ヶ畑畑ノ下町20番地

 TEL 075-871-2486
 http://umehouse.org/
お客様が作成して下さったイ メージムービーはこ ちら(You Tubeへのリンク。音が鳴ります) UME HOUSE image movie

 メールは KAKI house と共通です。
kakihouse444@ybb.ne.jp